もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】

サイトメニュー

外的な要因と内的な要因

男の人

自分自身を知る

うつ病には精神的な症状と身体的な症状が起こります。一般的には精神的な症状の方が知られています。精神的な症状は、仕事に行く気がしない、集中できないというものがあり、重度の場合には日常生活にも支障を及ぼすことがあります。身体的な症状としては頭痛や手足のしびれが挙げられます。身体的な症状の特徴は他の疾患を患うときにも起こりうる症状であることです。精神的な症状と身体的な症状はどちらが先に起こるか決まりはなく、人によりさまざまです。精神的な症状が先に起これば診断においても比較的容易に見つけることが可能ですが、身体的な症状が先に起こる場合、診断が難しいこともあります。頭痛や手足のしびれだけでうつ病であることを疑うことは困難と言えます。多くの場合、まずは他の疾患を疑い、検査を受けます。特に異常がなく、症状が継続するときに初めてうつ病を疑います。つまり、発症から診断までに時間を要してしまいます。そのため、症状を悪化させてしまうことも考えられます。そのようなことを防ぐためには定期的に自分自身に起こった出来事を振り返ってみることが大事です。もしもストレスが溜まっているような出来事が継続していて、身体的な症状が起きているならばうつ病を発症している可能性があります。そのような自覚をすることが早期発見につながります。うつ病は仕事などの人間関係といった外的な要因と、本人の性格という内的な要因により発症します。病院においても外的な要因と内的な要因の両方の観点から診断を行います。ただ、外的な要因と内的な要因があることを知れば、うつ病と診断される前に予防することも可能です。つまり、どのようなことが原因でストレスを溜めてしまう体質であるかを自分自身が把握して、ストレスを溜めにくい生活を送る事がポイントです。まず、完璧主義者と言われる人はうつ病を発症しやすい性格と言えます。それは、何をするにしても完璧にこなさなければ納得することができないからです。しかし、あらゆる出来事を完璧にこなすことは難しいのが現実です。それを受け入れることができるかがポイントです。自分自身が完璧主義者と認識している場合、ストレスが溜まるシーンをイメージして考え方を変えてみることが良いと言えます。また、小さなストレスが積み重なることでうつ病を発症するケースもあります。そのため、小さなストレスでも定期的に発散する方法を考えて実践することが有効です。生活習慣の乱れが原因となるケースもあります。不規則な生活リズムとなっている場合にはできるだけ規則正しい生活を送る事が大事です。

Copyright© 2018 もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】 All Rights Reserved.