もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】

サイトメニュー

精神疾患の克服法

カウンセリング

費用やクリニックについて

うつ病になってしまったら、すぐに治療を始めることが大切です。うつ病は心の病気ですので、薬を飲めばすぐに良くなる、というようなものではありません。長い時間をかけた心のケアが必要になってきますので、なるべく症状の軽いうちに治療を開始することで、治療期間は短くすることが出来ます。治療では、抗うつ剤と呼ばれる薬の服用を中心に進められていきます。諸症状を緩和し、少しずつ心を安定させていく効果があります。一か月に2000〜3000円程度の費用がかかるのが一般的です。それに加え、治療に重要なのは十分な休養です。会社を休職したり、一時的に育児や家事から離れたりなど、自分でゆっくり休養出来る状態を作り上げることが出来れば、治療もスムーズに進みます。会社を休職した場合、その間のお金が心配という人もいますが、実は会社員の場合は傷病手当金というお金をもらえる場合があります。必要条件を満たせば、うつを理由に会社を休職していた期間に相当するお金が支払われます。このような手続きをしっかり行っていれば、休職したとしてもお金の心配はいりませんので、きちんと申請するようにしましょう。また、うつの診断は医師でも難しいので、現れている症状はきちんと申告しましょう。正しい診断によって、処方される薬の種類も変わってきます。うつの治療は投薬が中心となりますが、他にも栄養指導や休養の指導などを行ってくれるクリニックは優良と言えます。栄養バランスの整った食事を三食きちんと食べること、眠れないときは睡眠薬などを飲むこと、など、ただ抗うつ剤を飲むというだけにとどまらず、自分で出来る治療の努力はたくさんあります。うつ状態のときは無気力になっていますので、そのような行動が出来ないこともありますが、家族や身近な人の理解を得て、しっかりサポートしてもらうことが徐々に改善されていきます。また、うつには双極性障害や統合失調症など、様々な種類があり診断が難しいという特徴があります。誤った診断をしてしまうと、投薬を続けていてもなかなか良くならないため、信頼できる医師、クリニックを探すことは非常に重要です。専門のカウンセラーが常駐していること、病院内が清潔に保たれていること、などが良いクリニックを探すポイントの一つです。ホームページや口コミをチェックする、というのもおすすめです。長い治療期間を要しますので、出来るだけ慎重にクリニックは選びましょう。良いクリニックで治療を受けることで、完治までの期間も短くなりますし、より効果的な治療を受けることが出来ます。

Copyright© 2018 もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】 All Rights Reserved.