もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】

サイトメニュー

最終確定に至るまで

婦人

治り始めこそ気を付けよう

確実にうつの症状が見られる場合でも、病院ではうつ病と直ちに診断することは基本的にありません。まず最初に行われるのが除外診断であり、これは糖尿病など、ほかの疾患の可能性を否定する工程です。検査などで時間が掛かる場合、最終的な確定診断は先送りになりますが、それでは治療を始められないため、病院では暫定診断というものが行われます。それにより最終判断を待たずとも、とりあえず現在出ている症状を治療できるのです。実際の診察ではそれらの診断区分の説明は殆ど行われませんので、うつ病の豆知識として押さえておくと良いでしょう。また、うつ病は徐々に症状が重くなりますから、兆候が見られた時は精神科で診てもらってください。例えば、本来なら楽しい筈の行動に興味が失せたり、楽しさを感じなくなったりした時は要注意です。そのほか、考えがまとまらず、作業が上手く進まない場合や、気分が沈んだまま半月以上経過している時も、気を付けねばなりません。これらは全て基礎的な症状ですので、単なるスランプだと判断せず、精神科医に相談しましょう。しかし、人によってはそれらの精神症状が見られず、腹痛や頭痛など、身体疾患となって現れることもあるのです。このような隠れうつ病は発見が難しいのですが、通常の内科へ通っても治る気配がない時は、心療内科で診てもらってください。薬による治療を敬遠する考えもありますが、うつ病はセロトニンなどの情報伝達物質が脳の中で不足している疾患です。崩れた脳内バランスを整えるには薬物治療が有効ですから、うつ病と診断された時は、主治医の案内に従って薬を飲みましょう。不安な気持ちや落ち込みなどは、脳内で作られる感情ですので、その源を治療することが大切です。情報伝達物質のバランスが回復すれば、心のケアも一層捗るため、服用を中断しないようにしてください。そして、うつ病も精神科で治療を続ければ次第に良くなりますが、回復期に入った際は気を緩めないことが肝心です。この段階では辛かった症状も軽くなり、気分が正常に戻るケースも少なくありません。ですが完治した訳ではないので、気分は爽快でも体が本調子でない場合や、その逆もあります。うつ病と診断された頃と比べ、不快な症状が消えたぶん、心と体のアンバランスさが気になり始め、もどかしさを覚えやすいのです。さらに社会復帰も見え始める時期ですから、それに対する不安や焦りも感じやすくなります。絶望感にさいなまれるのは回復期が多いともされているため、あまり先々のことは考えず、良くなり始めた時だからこそ、病院でしっかり治療を受けましょう。

Copyright© 2018 もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】 All Rights Reserved.