もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】

サイトメニュー

男の人

外的な要因と内的な要因

うつ病の診断では外的な要因と内的な要因から検査を行います。そのため、両方の側面から自分自身がどのようなことでストレスを溜めるか知ることがポイントです。それを知ることがうつ病の発症の予防にもつながります。

詳しく見る

女性

初診と再診の流れ

生い立ちから服薬指導まで、うつ病診断の初診では色々なことを医師と話し、再診では服薬による体調変化や、日常生活での状態などを医師に伝えます。うつ病治療で休職するために会社へ出す診断書は、職場との利害関係が保てる内容で書いてもらいましょう。

詳しく見る

カウンセリング

精神疾患の克服法

うつ病は、長い治療期間を必要とする精神疾患です。誤診断を防ぐためにも、信頼できる医師、クリニックを選びましょう。また治療は投薬が中心となりますが、しっかり休養や栄養を取ることなども重要な治療の一環です。

詳しく見る

婦人

最終確定に至るまで

確実に症状が見られても病院では直ぐにうつ病と断定することはなく、最終的な確定診断は、除外診断などを経て行います。うつ病は脳内で情報伝達物質が減る病気のため、薬はきちんと飲み、治り始めた時こそ病院でしっかり治療しましょう。

詳しく見る

心の病気は医師に相談する

医者

早期に治療を始めよう

うつ症状が2週間以上続く場合は、医師に相談して診断を受けることが大切です。うつには様々な種類があり、医師からの診断により自分の病気の種類も知ることができますね。メランコリー型は典型的なタイプのうつ病であるといわれています。このタイプは、患者が自分自身の役割に過剰に適応しようと努力するうちに、脳の伝達機能がうまく働かなくなってしまうものです。特徴は、何をしても気分が晴れず、過度な罪悪感に陥っている状態であることで、特に朝に気分の落ち込みが激しい傾向があります。それに比べて非定型は、良いことに対しては気分が良くなるという特徴があり、過食になりやすく、他人からの批判に非常に敏感になるケースも多いですね。季節型は特定の季節に病気を発症しやすいもので、特に冬季うつが有名ですね。季節型はどの季節でも起こりますが、季節が変わるタイミングで回復がみられます。産後うつは、出産後4週間以内に発症する病気で、出産の疲れやホルモンの変化から起こると考えられます。さらに、授乳などによる睡眠不足や子育てへの不安感も原因の1つであると考えられます。これらの特徴をふまえた上で、医師のアドバイスを受けながら早めに治療を始めることが、早期回復への近道になりますよ。うつと診断がされた場合に、まず考えたいのが休養をとることです。これは治療の一環であり、是非とも十分な休養を心がけたいのですが、患者さんの多くが休むことに罪悪感を覚えてしまうため、医師からのアドバイスは大変重要です。しかし、ストレスや不安を抱えたままでは、休養をとるのもなかなか難しいですよね。そんな時に頼りになるのが薬物治療です。抗うつ剤などの薬で症状を軽減することで体調を整え、休養をとりやすくします。さらに、精神療法やカウンセリングで認知行動療法や内観療法などを行い、患者本人の生きる力を見出していくような治療をおこないます。カウンセリングはあくまで一方的なものはなく、患者さん自身が一緒に行うものです。自主性を持って取り組む姿勢が重要ですね。精神療法やカウンセリングは主に再発予防の観点から行われています。自分自身の思考のクセに気づき、それを是正していくことが大切です。うつの診断をうけて、さらに落ち込んでしまったという方も多いかもしれません。でも、この病気自体は決して珍しいものでもなく、現代では誰もが発症する危険のある病気です。自分ひとりで抱え込まずに周囲の力を借りながら、治療を続けていきましょう。回復の過程では、何度も良くなったり悪くなったりの波を繰り返します。焦らず、階段を1歩ずつ進むように治療を継続していくことが大切ですね。

人気記事

男の人

外的な要因と内的な要因

うつ病の診断では外的な要因と内的な要因から検査を行います。そのため、両方の側面から自分自身がどのようなことでストレスを溜めるか知ることがポイントです。それを知ることがうつ病の発症の予防にもつながります。

詳しく見る

女性

初診と再診の流れ

生い立ちから服薬指導まで、うつ病診断の初診では色々なことを医師と話し、再診では服薬による体調変化や、日常生活での状態などを医師に伝えます。うつ病治療で休職するために会社へ出す診断書は、職場との利害関係が保てる内容で書いてもらいましょう。

詳しく見る

カウンセリング

精神疾患の克服法

うつ病は、長い治療期間を必要とする精神疾患です。誤診断を防ぐためにも、信頼できる医師、クリニックを選びましょう。また治療は投薬が中心となりますが、しっかり休養や栄養を取ることなども重要な治療の一環です。

詳しく見る

婦人

最終確定に至るまで

確実に症状が見られても病院では直ぐにうつ病と断定することはなく、最終的な確定診断は、除外診断などを経て行います。うつ病は脳内で情報伝達物質が減る病気のため、薬はきちんと飲み、治り始めた時こそ病院でしっかり治療しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 もしうつと診断されたら?【まず考えたいのが休養をとること】 All Rights Reserved.